楽団紹介

はじめまして!YAO(ヤオ)管弦楽団です。

私たちは、東急田園都市線・小田急線沿線を拠点に、2年に3回程度開催する定期演奏会を目標に練習を重ねてきました。総数約40名と小規模ながらも和気あいあいとした雰囲気のなか、オーケストラとしての成長をめざして活動を続けています。

♪ Quick Facts ♪

☆YAO管弦楽団創設の基本理念
●わたしたちは演奏技術の向上に努め、美しいアンサンブルを目指します。
●わたしたちは音楽をとおして豊かな人間関係を築き、意義ある人生を目指します。
●わたしたちは音楽を楽しむと同時に、その楽しさを地域社会に伝え、明るく豊かな世界の実現を目指します。

☆YAO管弦楽団運営の基本理念
●団運営にあたりすべての団員の個性と能力を尊重し、団員全員でこれを担います。
●各々が得意とする分野は様々です。組織運営、渉外活動、そして団内での音楽の指導など、それぞれの負荷が大きくなりすぎない範囲で仕事を分担することを原則としています。

☆YAO管弦楽団の目指す音楽性
●ジャンルは特定しませんが、現在はベートーヴェンやブラームスなどロマン派の作曲家の楽曲、主に二管編成の曲を中心に選曲を行っています。
●選曲は、団員の声をとりいれつつ、音楽委員会が中心となって楽団の長期的な成長を考慮し3回ずつセットで決定しています。
●じっくりと学べるよう、演奏会3回は同じ指揮者の先生にご指導いただきます。

☆YAO管弦楽団って・・
●年齢層は30代から70代まで、楽器、オーケストラの経験度もさまざまなメンバーがそろっています。互いの音楽だけでなく、心の声も聴き合うのがYAOのモットー。
●合奏、分奏のほか、各パートが自主的に強化練習「秘密レン」も行っています。
●練習は土曜、もしくは日曜の夜。貴重な週末をフルに活用できます。
●「じっくり、たっぷり」時間をかけて一つ一つの音の意味を理解しながらアンサンブルを探求していくことを心がけ、創設時はオケ初心者が多かったYAOは確実に成長してきました!

コメントは受け付けていません。